五十肩に効果のある体操

五十肩に効果のある体操

五十肩の痛みに悩んでいるという方は多くいらっしゃるとは思いますが、そもそも五十肩を改善する方法として薬物療法とさらに体操療法というものがあります。この体操療法について説明しますが、そもそもどうして体操によって改善するのかというと、五十肩というのは肩関節の硬直によって引きおこされ、急性期の場合は安静にして患部を冷やすということが必要になりますが慢性期になると積極的な体操をお勧めします。ただ、無理をしないということが大切ですが、どんな体操があるのかを把握しておきましょう。

 

まず、アイロン体操というのはどういったものなのかというと、椅子や机を使って体を支えて片手にダンベルやアイロンを持ち、軽く揺らして、ある程度慣れてきたらふり幅を広げていきましょう。このアイロン体操はどの時期にすればいいのかというと、主に急性期にすべきものだといわれています。負担も少ないですが、あまり無理はしないようにしましょう。もちろん痛い場合はやめてまた落ち着いたときに初めてみてください。

 

次にコノリー体操というものがありますが、この体操をする時期としては慢性期になります。腕が水平より上まで上がってくれば積極的に動かすことが大事なことになりますが、自分の肩より高いところにあるものを握って腰を落とし腕が伸びた状態になります。これによって肩関節が引き伸ばされますが、さらに五十肩が発症していない方の手で握って引き上げます。これらの体操を取り入れて五十肩を少しでも早く改善するように心がけましょう。