五十肩に効果のあるテーピング

五十肩に効果のあるテーピング

五十肩の痛みで色々と作業が困難になっているということはありませんか?そういう場合はテーピングが効果的だという話を聞いたことがありますでしょうか。テーピングをすることによって不安定な肩関節にとって非常に有効になります。ただ、テーピングもただすればいいという訳ではなく、きちんと正しくしないと逆効果になってしまいますので、テーピングのやり方を紹介します。しっかりと肩関節をサポートして作業をしやすくしましょう。

 

では、五十肩に効果的なテーピングの方法についてですが、まず使用するテープは薬局などで販売されていますが、キネシオロジーテープであり、サイズは個人差がありますので自分に合うものを選ぶようにしましょう。どこにテーピングをすればいいのかというと、棘上筋と三角筋と上腕二頭筋になります。こお3つの筋肉を意識してテーピングをすることによって腕を上げやすくしたり後ろに回す事が出来たり、肩関節を安定させるということができます。

 

テーピングというのあh数日間貼ることによって効果があるので痒みが出なければ数日はったままにしておいて構いません。また入浴はどうすればいいのかと思う方もいらっしゃいますが基本的に入浴はテーピングをしたままで問題ありません。ちなみに効果として固まった筋肉の収縮するというものがありますし、さらにリンパ液や血液の流れを改善することも期待できます。もちろんテープをただ貼ればいいということではありませんのでしっかりとやり方を覚えてからやってみるといいでしょう。